名古屋市同棲支援センター

伊藤薫人がなにか書きます

5/17 - 19

俺は猫を堕ろすというバンドをやっているけれども、先日アルバムを出し、リリースライブ1日目を京都でやってきたのでツイートを添えて振り返る。

胸糞悪い話があるので、それを半分以上する。

出発前にairpodsなくしてて不穏

いきなりベースが免許証忘れてて不穏

ライブ前に配信版出せてよかった。3日前までマスタリングしてた。16曲マスタリングはかなりエグいなというのと、サブスクしてるiZotope Ozone 8(マスタリング用プラグイン)は最高だなと思った

それぞれの曲やリミックスについては、また書く

つらそう・・・

神様クラブと京都に着!!

夜22時に出て朝7時くらいに着き、四条大宮のガストで朝食を食べた。全員が怖いという感想を抱くトイレがあった

ひとまず解散し、あまりに眠すぎたので、ホテルに朝8時にチェックインし、3時間でチェックアウトするという愚行をおかしてしまう…… なくしたairpodsを買い直せるくらいの金を使ってしまったことをここに記しておこう

そこそこ体力は回復し、リハして、開場〜

ゆ〜すほすてるは、初見だったけれども、気持ちよく聴けた。 ドライブ感のあるコード進行、演奏でよかったな。egwさんの人柄が伝わってくる。

ライトフライト、後述するトラブルがあり、ほとんど観れていない(ほんとごめん)ちょっと観れたけど、リハでもやってた新曲不思議な感じだったな〜。 ほぼコード進行がない感じのカッティングのやつ、Bメロで進行入って来るところ視界が開ける感じあっていいな〜と思った。

これだ

SAPPYはいつも通り、楽しかった。 日本でナンバーワンのバンドってマジで思ってるから特に書くことはない!!って感じ

colormalは、ベースサポートが変わったけどまた違ったグルーヴ感になっていた。 俺がいつでもシンセ弾けるよ!って言いまくってる曲、さまようをやってくれて嬉しかった。 サポートメンバー全員なんか変

神様クラブ、よすぎて俺がぶち上がってる映像が残されているのでみてくれ

そんで俺たち猫を堕ろすだったんだけど、まあ正直俺はかなり酔ってて弾けてなかったと思う 不誠実でごめんなさい、メンバーにもごめんという感じだったけど、まあなんかやりきって、2階で軽く打ち上げして帰った

体力的に死にそうになって東京に帰ったら、ライブハウスnano店長mogura氏にこんなツイートをされていた。

f:id:ykpythemind:20190520225752p:plain

(該当ツイートが消されてしまい、前後関係がわからなくなり心配の連絡が結構来たのでスクショを載せておく)

まぁこういうことがあったよと。 2日経った今でも悲しさと怒りで涙が出てくるようになり、情緒が不安定になってしまった。

俺はセルフコントロールを非常に大事にしている。できないときの方が多いけども。 渡したリミックスCDを流してくれなかったところで本当は折れていた。悲しかったし、レンタル代を払ったイベントで音楽を選ばせてくれない意味がわからなかったし、俺は半泣きになりながらcolormalチームにわけわからないことを言っていたと思う。

落ち込んで最悪な気持ちになったとき、俺はずっと引きずってしまう。そうやって、むすーっとした気持ちでライブをやったことも何回もある。 具体的にいつだったかは書かないけど、俺はその不誠実なことを全て記憶しているし、楽しくねえなあって思いながらやる不誠実さは誰よりも感じてると思う。 だから、俺はすこしでも楽しい気分になろうと酒を飲んだ。飲みまくった。 本番は全然弾けねーし音きこえねーーって思ってちょっと焦ったけど、まだ気持ちを保ってやれたから、俺のベストを尽くしたつもりだった。

まあ、誠実ってなんだろうなとか思ったりする。 mogura氏の事実を捻じ曲げて「お客さん」というものを盾にする言説や名前を出さずにほのめかして書くやり方、汚いな〜と思ったし、 単純に氏は誰にもなびかない俺のことが嫌いだったようにも思えている。

ただただ品性と知性がなく残念、いくらでも呪詛が出て来るのだが、「僕らも政治的な付き合いで出てるけど、あの人は苦手だな」という連絡が本当にめっちゃきたのが意外だった。俺は、好きな人たちがあの場所でやってほしくもないし、正直出なくいいのにな〜って思う。

もうブロック済みだし、絶対に関わらないことにしたけど、 一生懸命ブッキングした1日目がこういう胸糞悪くおわって残念だ。

俺は心が弱い人間だから、思い出すたびに泣きそうになりながら、新しいアルバムを聴いている。

あなたにとって

あなたにとって

あなたにとって、もういいやって言えないことはなんでしょう?わたしにとって、そんなことはどうでもいいのかもね

という歌詞は、この時のために書いたのか?と思える内容だ。俺は歌詞で予知をしてしまう・・・。

普段連絡とらない人から連絡がきたり、「あのときのイベントもライブもよかったよ」という連絡ももらって、救われている。 俺は誠実にやっているんだな、と思った。

京都では結果を出せなくて不甲斐ないけど、またちゃんとやれるように努めようと思った。

あらためて、来てくださった方や、音源聞いてくれた方、リミックスしてくれた方、出てくれたバンドありがとう。 ねこおろチームもいつもありがとう。

近況

12/18

仕事関係の忘年会で、一度だけ会ったことのある人に再会した。 精神的なパーソナルスペースにズカズカ入り込んでくる、端的に言って苦手なタイプの女性で、以前気分が悪くなったが、今回も同じ結果になった。

俺の顔が引きつっているのにも関わらず「君大丈夫?」みたいなこと聞いてしまう感受性の乏しさは、もう変わらないんだろうななどと思う。 一方、相手にそれを察しろというのは身勝手な話で、簡単に気分を害す俺が悪いなと思ってしまう。

やはり自分は人と関わっていくことが苦手だと感じて後味の悪い日だった。

12/22

シェアハウスしている家の掃除をした。ほとんど自分の部屋の模様替えで終わった。 作業スペースとなる机の環境は大事だなと思う。元々宅録機材や楽器はそこまで多くなかったが、半年で倍くらい増えてしまい収拾がつかなくなっていた。

いつでもそれぞれの楽器に触れる環境にしておくってのは大切かもしれない。

12/23

ナツと神様クラブのワンマンを見に下北沢に。 神様クラブを実際見るのは初めてだったけれども、曲の完成度の高さ・ポップセンス・細部の音の配置、すべて感動した。

ユニットという構成は惹かれるけれど、活動をするのは大変そうだなと思う。ふと観客目線になると、バンドともDJとも違う電子音楽を聴きに行くのは精神的ハードルが結構高い。客としては、弾き語りを見るときの精神性に近いかもと思った。わからないが……

公演は1時間半くらいでサクッと終わり、疲れない程度に音楽に集中できたので良いライブだったと思った。

その後、ハイボールユースくんと合流して中野でビリヤードをした。 一見さんお断り感のあるビリヤード場にビクビクしながら素人3人で入ったけれど結果的に楽しめた。

愛をもった店員さん、良いなと思う。

12/24

蛇口家で適当に楽器を触りつつ遊ぶ。蛇口は本当にギターが上手い。 音のアイデアをすぐにableton liveに取り込んで、バシバシショートカットキー押しながらビート組んでいく様に感服した。

きっと彼の頭の中で鳴っているものを表現しているだけなのだが、彼と比べて凡庸な自分にはアイデアをキャプチャする環境が大事だなと思ったりする。

常に録音できる環境にしよう、キーボードスタンド買って2段置きしよう、見やすいPCモニターを使おうなど、蛇口はいつも俺に内省的な影響を与えてくれる…

1/2

横浜での新年会に18きっぷを使い参加。財布を新調していた為遅刻。 人数が多く、ほぼほぼ初対面の方々だったので辟易してしまった。最後の方に話してくださった方、話しやすくてありがたかった。

ふと思うが、初対面での会話は、単純に人の力量が測られてしまうので残酷だ。 話しやすさを作るのは年上の使命なのだと思い始めている故、26歳になる今年は社交性にも目を向けていかねばならない……

参加費が予想以上に高くつき、何のために来たのだ感に打ちのめされそうになりつつも、財布を新調したことに気付き持ち直すなどをした。頻繁に使うものに投資するのはコスパが良い。

1/3

横浜から名古屋に帰り、バンドで新年会。 毎年色んなことが変わっていくけれど、人間性は変わらないなと思う。

澤田から、何故みんなはバンドをやっているのかという問いをされたが、自分は今音楽をやっている理由は特にない。 なんとなくでしかない。崇高な理由もないので、それくらいが1番続けられるのかもしれないな。

ソロアルバムを2018年に出せなかったのはかなり後ろめたい気持ちで、環境を変える必要性を感じている。 自分で整えていくことが大事で、定期的なアウトプットを出せるかどうかは計画と日々のルーチンの積み重ねなのだ……。

1/5

名古屋で友人のヒロトに会って小一時間話していた。最近は大学時代の友人に会うと自分のやっていき方とは、みたいなのに着地する。 結局この歳で新しい交友関係が一気に広がることが無いしむしろ閉じていく一方なので、何かしら自分の追求をしたくなる。 「でもやっぱり仲間は欲しいよね」というところまで毎回ワンセットで話すが、この歳だと意外とみんなそう思っているのかもしれない。

客観ではなく、自分の主観を表現することが大切かもという話もして、最近のことを文章化しようと思った次第。

今年もなるべく元気にやっていきたい。

真面目に今年買ってよかったもの3選

クソ真面目に

1password

最も安全なパスワードマネージャー | 1Password

パスワードマネージャー。 パスワードを忘れまくり、半年くらいログインしていないものはたいていパスワード再発行していたのと、 仕事の関係で自己管理すべきパスワードが増えてきたこともあって導入。 サブスクリプション1年で3000円くらいだった気がする。

マジで最高。
スターパスワードさえ覚えておけばiPhoneでもMac上でもどこでもパスワード引き出せる安心感すごい。

自動ロックの時間をかなり短くしてるので、15桁超えてるマスターパスワードを頻繁に打たなきゃいけないの面倒だけど、TouchIDつきのmac買ったら解消されそうな気もしている。

iQunixラップトップスタンド

iMacがほぼDTM機になり、仕事と普段使い用には買い替えたMacbook Proを使っているがラップトップPCはどうしても姿勢が悪くなり疲れる。 ふと思い立って傾斜つけるスタンドを買ってみたらかなりのライフチェンジングだった。もはや外に持ち出すときもこのスタンド持っていっているレベル。

長時間ラップトップ触る人は絶対に買って欲しい。安いし。いろいろ種類あるけど、外付けモニターを使わない場合、傾斜的にはこれが1番良さそう。

AirPods

AirPods - Apple(日本)

耳うどんAppleユーザーは一度同期したらどの端末でも即接続されて使える楽さが良い。ランニング始めたのもあってコードレスはありがたい。

自分はこういうそこそこ値段するイアホン/ヘッドホン、大切にしすぎてあんまり使わなくなりがちなんだけどAirPodsは自然に毎日使ってしまう。 これだけ使ってればもはや17000円くらいするのも許せてくる。

音質はだいたいiPhone付属のイアホンと変わらないと思う。(少し低音寄りでモチっとしてる?) 遮音性が低くて、大通り走ってたりすると聴こえ辛いところがちょっと不満である。

以上です!また来年

恥ずかしい

ここ1, 2年くらいでびっくりするくらい自己肯定感が低くなってしまった。

何をやるにも恥ずかしい気持ちになる。俺は馬鹿にされる、とかダサい、って思ってしまう。

常に気張っているわけではないけれど瞬間瞬間で非常に思考が緊張してしまい、全く楽しめていない気がする。

何も考えずにその日1発で録ったデモとかを上げてた20歳くらいの頃が信じられない。今年で25歳になって、また精神的なステージが進んだような気もする。

この歳になって見えてくる自分の才能の限界、なりたい自分が少し見えてきた故の理想の自分とのズレ、才能と人望がある知人の存在、大学の同級生との人生の分岐、みたいな物がたくさん積み重なって身動きが取れない感覚がある。

「自分の好きなものはなにか」「自分のやっている音楽やバンドはこういうもの」「自分が得意なことはこれ」、全く主張ができなくなってしまった。かろうじて、昔作った自分の曲が自分の中でだけ自尊心を保たせてくれている。 *1

自分を主張できないわりに、俺は他人とは違う、とか、「わたしはあなたごときに理解できるような、浅い人間ではないのです」*2 という自尊心もある。

ずっとモヤモヤしていて、2週間ほど前に以下のツイートに至った

つまるところ、俺はマジでビビってて、カッコつけてるだけだと思っている。自分の手札を全部見せないみたいなこと。今ある手札で闘わなくて何ができるの、という感じでしかない。というか、この歳でそういう人を見ることが増えてきた気もする。*3 良いことなのか悪いことなのか……

俺は自分の頭の形とか目の大きさのチグハグさみたいなのがすげえコンプレックスで、だいたいは良いんだけど、精神的に自己肯定ができていないときに自分の写真とか姿を鏡で見るとへこんでしまう。そういうへこみが頻繁に起きるようになって、もとから着るものもなんでもよかったけど、更にどうでもいいし、髭とかも剃らずに浮浪者みたいになってて、もう駄目でしかなかった。もうダメだ〜ってなったのでバチクソ髪切って少し染めた。全然お前死ねよみたいな雰囲気になってしまったが、それでも俺は自分を変えようと思えた自分を肯定したい。*4

今はあるアルバムの制作を始めていて、曲を書いている。先週、ちょっと書けた。全然かっこつけちゃってさらけ出せない部分もあるし、バンドの制約みたいなのもあるけれど、ゆっくり時間をかければもっと自分を表現できる気がする。このあたりは自分の納得できるものをつくりたいし、その暁には色んな人に自信を持ってすすめて聴いてもらいたいな。

新しい人に出会ったとき、自分をどう説明すればいいのかとかは、それができればまた変わってくるかも。

そういう感じで、ちょっと前向きにいろいろ始められた気がする。

もっと仲間を探さなきゃな、俺は人をたいして信頼せずに(それにしては迷惑をかけながら)1人でやってきたつもりになってるツケみたいなのが来ているんじゃないかな、みたいなことも思ったりしますがまた今度書こう。仲良くしてくれるひとはリプライでもDMでもなんでも良いんで絡んでください!

P.S

最近はテラスハウスで人との関わり方を学んだりしてます!!(純粋にクソ面白いから見てる)

*1: sickroom EPは俺が歌っていないことも含めて、これだけはいつでも人に勧められる作品で今でもみつきゃすや志賀くん、村濱さん、OMOIDE LABELゆずちんさんに感謝をしたりする

*2: NHKにようこそ!の岬ちゃんの台詞

*3: これも掘り下げて書けそうだけど、最近のツイッターとかそんなのばっかじゃないです?

*4: このへんのコンプの源流の高校の同級生で、いくらでも悪口書けるから俺の人生がうまくいったらついでに書きたい。笑

殉教したがっている

殉教(じゅんきょう)とは自らの信仰のために命を失ったとみなされる死のこと。

きっと、俺はずっと殉教したいと思っている。誤解を生みそうだが死にたいわけではなく…殉教することになったとしても別にいいやと思える場所を探しているのだと思う。

人は何かを信じなければ生きていけないものだ。進路を決める時、働く時、誰かを愛する時…… 常に、信じるに値するものを探してきたような気がする。 人生を賭けられるような人に出会い、その人に身を捧げられるとしたらなんと幸せなことだろうか? そして残念ながら、未だにそれが叶ったことはない。

皆さんはどうですか?? (マジで出会ったことあったらあなただけの神様を俺に是非紹介して下さい)

今となっては何故始めたのか分からないが、中学生の頃音楽を作り始めた。音楽で食っていきたいとは当然思った。しかしどうしても大勢の人前で自分が作った曲を自分が演奏している姿は思い浮かばなかった。おそらくそれで大成することはないからなのだと思う。 俺は自分よりもいい曲をつくる人間を見つけて、その人のもとで音楽をやりたいと思い続けている。(ずっとパスピエのギター弾きたいって言ってたのこれです) 俺はこの歳まで出会わなかった。それが今でも自らが主体で音楽をやっている理由である。*1

恋愛だってそうで、俺は相手に人生を賭けたかったんだなあってふと思うことがある。 どうせ俺なんか、という気持ちで中途半端にしかできなかったけれど、俺が名古屋という地にこだわっていたのも場所が離れたらそもそも何も捧げられないじゃないかという理由が強い。 それが1つの人生の目標になっていたので、俺は殉教することができなくなってしまった。喪失感で今は寂しい。

自分の信頼できる人*2が会社やるから手伝ってくれやとか言ってくれたら喜んで手伝うのかもしれないな。 何事も自分で決められないから俺は弱いと思った。 こういうときやっぱ思想上、何らかの宗教を信じていたら楽なのかもしれない*3がマジで何も信じる気になれない……

2018は何かしら見つけたい 新年早々鬱入って2日間寝ていたし、俺の命が尽きる前に……!!

あとがき ↓

  • 単にカリスマ性のある人間に出会いたいという話かも
  • ちょっとした破滅願望もかなえてくれる気がするので、盲目的に信じることをしてみたいという話かも
  • そして多くの人が見せかけの声のデカさとか権力に騙されて変な信仰心があったりして怖い(センパイ凄い論とか、すぐに弊社の製品をお使いいただきありがとうございます!とかFBで言っちゃうのとか)
  • まあ本当に心底信仰できてればいいんですけど。この気持ちは妬みに近いのかも

*1:才能も色々なのですごい人尊敬している人はたくさんいるけどね

*2:これは同い年が良い… 何故かわからないけど賭けるなら同い年が良いというのも昔からずっと思っている

*3:聖地巡礼とか暇つぶしできそうだし

今年言われた3大ひどいこと

お前は食に執着がないからクソ

そうっすよね・・・
これ以後少しずつ食事でチャレンジするようになっているが、難しい

ゆきとさんはブス専だと思う

ひでえ

勃起したくせに文句言うな

今年は初めて風俗を体験したが俺はハマらない・・・ハマらないぞ・・・・(フラグ

.
今年は同い年のひとにいっぱい出会えてよかった 働き始められたのもよかった 来年へ続く。 良いお年を

神様がいなくても


SAPPY『神様がいなくても』MV

カバーした

「私だけの神様がかけてくれたあの日の魔法」って良いなー

この曲、かなり特別な感じがして、なんでリアルタイムで追えてなかったんやーって感じだ 一貫して明るいのに切ないのでSAPPYの曲好きだな
そういうものが1番ポップネスがあると思ってるし

自分にとっての神様はいなくなってしまったが、 「生きて 君は退屈な毎日を 生きよう 僕も神様がいなくても」って歌詞にめっちゃ救われている気がする
たぶんSAPPYの曲ぜんぶラブソングだ

たぶん

今日は24年間の人生で初めて大阪行く いいライブが見れるといいな