名古屋市同棲支援センター

伊藤薫人がなにか書きます

宇宙・裏切り・怒り・ときめき

「宇宙・裏切り・怒り・ときめき」という5曲入りのEPを配信開始した。

各ストリーミングサービスで配信されるはず。

制作はかなりタイトなスケジュールで、1月18日(もう明日ですね)にcllctv企画があるので、それに合わせて音源を出そうと思ったのが年末、それからレコーディング・ミックスを含めて一昨日完パケした。達成感を感じつつも既に後悔ポイントは多数あり、次回作への意欲が芽生えている。 とはいえ「宇宙・裏切り・怒り・ときめき」を完成できたことが自分にとって大きな糧になったと感じている。今回はその理由について書こうと思う。


2019年は怒りの年だったかもしれない。プライベートでは大きな変動もなく自分らしい1年だった自負があるのだが、思ったよりもパブリックな場所で怒りを感じる/表現することが多かった。

「宇宙・裏切り・怒り・ときめき」のコンセプトとして第一に「曲聞けばわかると思うけどあんまりバンドでライブする気ない。良い曲を書くことのみが俺たちの正義」みたいな過激なものが挙げられる。(正義はジャスティスって読むタイプのそれです) そのコンセプトに至るきっかけはやはり某ライブハウス案件と、退職であろう。

nagoyadousei.hateblo.jp

この件以来ライブをすること/見に行くことに対して常に後ろめたい葛藤を抱えてしまっていた。 5月に出した「サウンド・リクルーティング」アルバム制作でも同じような落胆を得た出来事があり、自分以外の人間の手が入ることによって自分の大切なものが破壊されたり、輝きが損なわれてしまうことがとにかく苦痛であった。 もちろんここまではただ他責にしているのみであるし、もっと演奏が上手ければとか、社会性があればとか、そういう反省はある。しかしながら最終的に行動した内容としては「じゃあ全部自分でやるし」という独りよがりだった。

秋になり、件の怒りは薄れていたところで次の怒りに直面することになる。

自分は2019年末をもって前職を退職している。前職では自分はとあるスタートアップの開発責任者であった。聞こえは良いが、スキル的に常に不安を感じていたし、泥臭いことも多くあまり誇れるものではない。ただ良い経験ではあったし、働くことは楽しかった。 今まで何度か退職を経験しているものの、今回の大きな理由は代表との関係性だ。詳細は省くが自分はある種の不義理さや嘘に耐えられずにほぼ人間関係を理由に退職してしまった。 退職を決め、会社を休み転職活動をしているときは常に焦りと怒りを感じていた。この時はひどく不安定であり、人に当たり散らしてしまったり自暴自棄になったりと散々だった。

その日々で、ふとPCに向かい音楽を作ったり、鍵盤を弾く時間が増えた。2018, 19年は「なぜ音楽をやるのか」「自分には才能があるのか」「友人はもう自分のことなど聴いてくれないのではないか」「友人はもうとっくに次のステージに進んでいる」……そういう迷いばかりで全く楽しくなかったはずだが、この時はただただ無心でやることができた。気づいたら色々できていて、音源が形になりそうなことが分かったとき自分はまた音楽に救われたと思った。俺は結局、何かを1から作るときの再現不可能な瞬間が好きなのかもしれない。タイトルは「宇宙・裏切り・怒り・ときめき」しかないと思った。

新しい職が始まりつつもレコーディングをしなければいけなかったタイトさ以外はとても楽しく作ることができた。アナログシンセの割合も増した故か、生き生きしている。歌詞もとても好きだ。

ときめきは悪魔が仕掛けたような明るさ

去年は怒ること、その結果悲しくなることも多くあったけれど、結局善く生きるには腐らずにやっていくしかないと思っている。何かを表現しないと始まらないのだから。俺はバンドメンバーのみならず、友人のてっちゃん(OtkFromHell)のギターやmeiyo氏のリミックスなどの力を借りて「宇宙・裏切り・怒り・ときめき」を発表できたこと、自分が創作を楽しめたことが何よりの誇りだ。

2019年ベストバイ 他

今年も。 去年↓

nagoyadousei.hateblo.jp

ベストバイ編

ドラム式洗濯機

www.lg.com

同居人と折半して購入。全社会人が買うべき。

洗濯および物干し作業に費やしていた時間を週あたり3時間は減らしてくれるように感じる。時間以上に洗濯作業に脳リソースを使わずに済むのが大きい。寝る前に回しておくだけで朝には着られる運用が至高である

LGを買ったのは、パナソニック等の日本メーカーだと自宅の洗面所には設置できなかった為。(LGでも相当場所を取っており、ドアが完全に開かないが…) 12月入ってからポンプが故障してしまい修理待ちで悲しい。部品取り寄せに時間がかかっている雰囲気があるので、このあたりは日本メーカーのほうが信頼度高そう。

スピーカー / iLoud MTM

hookup.co.jp

人柱的に購入した筈だったが大満足。以前使っていたYAMAHAのMSP3よりも遥かに定位と低音が分かりやすい。モニタースピーカーだけではなく、リスニング用としても楽しく聴ける。

付属マイクでのキャリブレーションも良い。ソフト上で補正結果を見られないところが少し不満であるが。(どうやら単体販売のARC™ 測定マイクだとソフト上で見られるらしい…?)

音量もバカでかいわりに小型・軽量なので、一度外に持ち出したことがある。コテージとかに持って行ったらクラブになりそうなので来年はそういう遊びもしたい。

次点

ファッションに5万近く使ったのは初めてかもしれない。毎日使うので、思ったより士気向上効果がある。身に付けるものでテンションを上げること(バフってやつ?)大切過ぎるなと反省した

冷え性なので買ってみたが思ったより効果がある。安いし素晴らしい。

  • アサンテ

nagoyadousei.hateblo.jp

アサンテ 完全日本語版

アサンテ 完全日本語版

  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー

3日くらいやり続けたので、1年の1%くらいを占めていることになるっぽい。こんな素晴らしいゲームを作ることができる人間の創造力に感謝しかない

漫画編

登山漫画。本当に面白い。エベレスト冬期無酸素単独登頂に挑む話だが、描写が丁寧で素晴らしい。自分が命を賭けた登山をすることはないと思うが、それでも山には行ってみたいと思わされる(誘ってください)

この漫画を読んで以後、 「エベレスト」「メルー」「運命を分けたザイル」「フリーソロ」などの登山映画を見てひどく感動してしまった。

MERU/メルー (字幕版)

MERU/メルー (字幕版)

  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: Prime Video

エベレスト (字幕版)

エベレスト (字幕版)

  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: Prime Video

音楽編

  • パソコン音楽クラブ「Night Flow」
    Night Flow

    Night Flow

nightと付いてはいるものの、自分は全時間・全天候型な音楽だと思う。それくらい時間や状況に左右されずにいつでも聴けるし聴いていた。 気張らずに聴ける音楽っていいなあと思うとともに自分もそういうものを作っていきたい所存


【お知らせ】 来年1月18日、盟友cllctvの企画に出ます。この日には新しい音源を配信する予定、年末年始は制作に勤しみます。是非来て下さい。

f:id:ykpythemind:20191229143915j:plain

オランダに行ってきた

f:id:ykpythemind:20191226014942j:plain

仕事を辞める関係で時間ができ、12/15-12/24 までオランダ(+ベルギー)に行ってきた。実質滞在したのは17-24の8日間。

モチベーションは

  • 時間があるのは今しかないというお気持ち
  • 26になるこの歳に、さすがに海外の文化に触れたい気持ち

この2つが大きい。思い立ってパスポート再申請 *1 をしたのが12/5で、受け取れたのが12/12, 出発が15日というタイトなスケジュール感だった。

今回は旅行記を軽くまとめておこうと思う。10年後とかに自分が見直せるように。それくらい経ったらまた行きたい。

主に見た場所

飾り窓地区 はさすがに異文化に触れた気持ちになった。ほぼ裸のねーちゃんが窓越しに売春誘ってくる地区。運河沿いにあるしなかなかカオスな光景だ。 何気に良かったのがAmsterdam City Archivesであった。市の歴史を保存しており、博物館/図書館を一体化したような雰囲気で心地よかった。入場料がかからず、綺麗で静かなカフェやトイレなどがあったという点がかなり良かった。ドミトリーが飾り窓地区にあった関係であまり落ち着ける場所がなく、まずはそこで軽食を食べてから、1日を開始するみたいなことをしていた。

飯はどこも美味しかった。日本料理店みたいなところで食べた焼うどんが一番おいしくなかったくらい。

1週間滞在する心細さ・現金不足の恐怖感などで、最後の2日間はベルギー・ブリュッセルに赴任しているサークルの先輩に会いに行っていた。ヨーロッパの新築アパートに住んでいる先輩、最高だった。めちゃくちゃ海外に住み慣れている感あってすげえなあと思ったけどまだ2ヶ月くらいらしい。人間は適応できる生き物ですね…

日本との違いとして、靴を脱がないところ。これを身をもって体験できたのが一番大きいかもしれない。(類似する現象なのかわからないが雨降っててもみんな全然傘差さないというのを体験した)

また、町中にカラオケ/ネカフェみたいな1人になれる場所がなかったのが辛かった。個室居酒屋とかが存在していたら昼でも入りたい精神状況に陥っていた。あとコンビニと牛丼チェーンがないのが超絶不便。向こうのコンビニっぽいのは存在するが、どちらかというとスーパーみたいな感じだ。日本みたいに駅に入ってたりするのってめちゃくちゃ便利なのだなぁ思った。

一方で、家とインターネットさえあれば生活してみたいと思うくらい国や街の居心地は悪くなかった。 *2

f:id:ykpythemind:20191226015537j:plain
どこ歩いてても感動できる光景があるので運河すげーと思う。(これは左側にアンネの隠れ家が見える)

費用関係まとめ
  • 宿
    • 6泊30000円のドミトリー
  • 航空会社
  • SIM
  • 海外保険
    • 旅行代理店に勤めてる後輩に絶対入りましょうと言われたので。滞在期間中効くやつで5000円。確かに安心。

かなり安く抑えられたのでは。飯食ったり服買ったりでも計20万くらいで行けているはず。費用的には思ったより現実的な非現実体験だな〜と思ったので、日本の社会で働いていてももっと行く機会ができたら良いことだなあと思ったりする

反省点

肝炎

出発1週間前くらいからずっと歯茎の腫れ、出血、関節痛、発熱が治らず焦っていた。 出発当日の昼に血液検査してもらった結果A型肝炎の疑いありとのこと。医者には「海外行くの、まあ体調悪くて辛いかもだけど頑張ってね」と言われ、死ぬほどのことではないので良かったが空港に行く途中も熱がしんどくて、出発へのモチベーションがゼロであった。幸い、到着後徐々によくなっていったので良かったが……

アムステルダムのクラブに行けなかったこと

単純に自分の体力が不足していたことで夜出かけられなかった。悲しい

1人ではできないことが多くあったこと

レンタサイクルとか。レンタカーとか。ビビりなのでできなかった。 あと単純に1人だと疲れると動きたくなくなるので、ケツを叩いて強制的に動かしてくれるような人と行動しないとこれ以上行けないなと思う

1日目の宿を取れていなかったこと

時差で日付ずれていることを認識しておらず…。

現金が不足して死にそうだった
  • 現地では大抵どこでもクレジットカードが使えるが、現金しか対応していない店に通いまくっていたせいで帰国時には4ユーロしか現金がなかった。元々240ユーロしか持って行かなかった点、クレジットカードのキャッシング機能を有効にしていなかった点が反省点として挙げられる。
  • 駅のトイレが有料で0.6〜1ユーロを現金で払う必要があったりするのが地味に痛い。
英会話能力不足

ドミトリー同室の兄ちゃんと飾り窓地区を見学するイベントが発生したが、もっと英語話せればな〜という感じだった。どちらかというとリスニングができず、何回も言わせてしまうのが申し訳なかった……。


思いつきで行ったけど、総じて面白かった。なかなか文章化できないものもあるのでやはり体験に勝るものはない。 それでも日本に帰ってきて、すき家行けるとか家があることって素晴らしいなと思って、楽しい。そんな感じです。今年ももう終わる

*1:海外旅行自体は10歳くらいのときにハワイとサイパンに行った記憶がある。まわり日本人だらけだったしあまり家族旅行というものが楽しかった記憶がない…。

*2:そういえば噂には聞いていたが、街のどこでも大麻のにおいがしてきてすごい

*3:成田でイモトのwifi契約しなくてよかった。日数計算になるので15000円近くになる見積もりになっていたと思う。

2019年に買ったボードゲーム

f:id:ykpythemind:20191202150311j:plain

今年はボードゲームをたくさん買った。

渋谷のJELLY JELLY CAFE で遊んだり、新宿のイエローサブマリン に行ったのがきっかけで、ボードゲームを買い始めた。 大学時代には友人とたまにカタンをやる程度しか遊んだことがなかったので、まさか自分が集めることになるとは思っていなかった…… イエローサブマリンに行くとつい買ってしまうくらい実物には心地よい所有感があるし、同居人(男)と2人用ボードゲームで遊ぶ楽しさにも気づいた。

12月に入ったことだし、せっかくなので今年買ったボードゲームについて書く。

コンプレット

コンプレット 日本語版 ボードゲーム

コンプレット 日本語版 ボードゲーム

木製のパネルを昇順に並べていくゲーム。2〜6人くらいまでできそう。 運ゲーなのだけど、適度に考えたり、盛り上がる要素があって楽しい。これがスマホゲーだったら1,2時間もプレーしないと思うので、木製のコンポーネントを触るのは脳に何らかの作用を与えている気がする。

アズール

アズール 日本語版

アズール 日本語版

タイルを集めて並べ、得点を競うゲーム。3〜4人向け タイルをジャラジャラするのが良い。絶妙に戦略性があって結構飽きない。

いかさまゴキブリ

いかさまゴキブリ (Mogel Motte) [並行輸入品] カードゲーム

いかさまゴキブリ (Mogel Motte) [並行輸入品] カードゲーム

ごきぶりポーカーと同じシリーズっぽい。友人に薦められ購入。 カードを全て捨てた人が勝者なのだが、誰かが監視役プレーヤーになり、捨てる過程においてイカサマ(こっそり隠す)して良いというルール。イカサマしないと捨てられない種類のカードもある。 テーブルの形状だったり衣服や自身の体調にも影響を受ける凶悪なゲームでとても難しい……。 先日友人とやったが、かなり飲酒した後に薄暗い部屋でやったので闇のゲームだった

ラブレター

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

日本発、有名そうなやつ。ラウンド自体はすぐ終了するので、サクッと遊べる。 家で何人かと遊ぶ時に、重めのボードゲームばかりプレイすると疲れるので箸休め的に遊びたかった記憶がある。

バトルライン

バトルライン (Battle Line) 日本語版2016 カードゲーム

バトルライン (Battle Line) 日本語版2016 カードゲーム

同居人とやりたいなと思い、初めて2人用ゲームを購入。カードを並べ合い、フラッグを奪い合うゲームで、ポーカーの役を作るような要素もある。

男2人で説明書を読みながらプレイし始めたら、土日が溶けていたほどの面白さ。ターンに制限時間がないと最善手が読めてしまう(読めてしまう故に、読み切れなかったときの悔しさで相手は精神を痛めていた)ので、最終的には非公式ながら持ち時間制を導入し、10分+秒読み30秒 くらいでやっていた。

アサンテ

アサンテ 完全日本語版

アサンテ 完全日本語版

大本命の2人用ゲーム。バトルラインは2日溶けたが、これは朝方までやる→昼頃起きて飯を食いながら夜までプレイ みたいなことをし続け休日が3日溶けた。効果を持つカードの種類、取れる戦術、プレイしていて苛立たない程度に妨害できる仕組みのバランスがすごく良い。 未だに平日の夜にプレイすることがある

タルギ

タルギ 完全日本語版

タルギ 完全日本語版

アサンテを薦められたイエローサブマリン新宿店で、その次に薦められた2人用ゲーム。 プレイに1時間くらいかかるが徐々に面白さがわかってきた。

blog.goo.ne.jp

このレビューに同意。丁寧に調整されていて、あまりバチバチならないので良い。

パニックマンション

箱を振ったり斜めにしたりして、駒を特定の場所に揃える、物理的なアクションでプレーするゲーム。 ルールも一瞬で分かるのでパーティゲームとして最高に面白い。


テレビゲームは社会生活ができなくなるくらいハマってしまうので買わないようにしているのだが、ボードゲームは相手が必要である物理的な制約があるので適度に楽しめている。あまり話さない相手とのコミュニケーションのきっかけになったり、ボードゲームの本体は何年しても使えそうで良いな〜と思ったりする。

来年はもっと重量級なゲームを買ってみたいかも。 オススメのボードゲームを教えてください、もし暇だったらボドゲカフェとかで遊んでください!

7/6 - 7/7

俺は猫を堕ろすというバンドをやっているがリリースツアーの名古屋編、東京編を二日間やってきたので、それについて書く

7/6 名古屋 KDハポン

早朝に出発して名古屋には正午頃に着き、リハまで少し時間があったので何故かダーツをした結果疲労が極限に達していた。 前回の反省も踏まえ、禁酒を誓っていたはずだったが…

出演してくれた全員、最高だった… 前回死ぬほど飲んで全然覚えてないSAPPYだったが、今回正気のうちに見られて「音楽楽しすぎワロタ」の感情を再び手にすることができた

アンコールが楽しすぎワロタ状態になっている

drawingのりょうへいさん、すごく良い文章書く人 など普段来られない方々も来てくださり、なかなかに大盛況で終わった

なぜかハポンにリプライもらった

7/7 京王堀之内time tokyo編

京王堀之内、徐々に行き慣れて来たので新宿からだと近ささえ感じる。 timeのすぐ近くにある中華料理屋で東京来てから初めて感動する中華を食べることができた。

timeで見るライブ、謎の没入感があって好き。家で寝転がって布団敷いてライブ見れたらええのになと常々思うのだが、それに近い親近感や落ち着きがある。 YUMEGIWA GIRLFRIENDがうるさくて最高のライブしてる最中、timeオーナーのハルオさんが缶ビール差し入れてたときはグッときてしまった。

ライブ中、超楽しかったので、俺は自分の為に音楽をやってんだ、という意識が前回「お客さんに失礼」と言われた件に対するカウンターとして浮かんだりした。(めちゃくちゃ冷静だね)

とはいえ、初めてライブハウスに来たというイワモトさんが楽しんでくれたことがかなり嬉しかった。留学に行ってた同級生が、北欧で薫人の曲聴いてたよと言ってくれた時も、似たような特別な感情になったことを覚えている。音楽なんて自分のためにやっているものだけど、こういう瞬間がある時が1番嬉しい。

以上。 楽しかった思い出は即流れ過ぎ、前回書いた嫌だった思い出についての投稿のほうが長くなってしまったの、なんとも言えない気持ちになる…

次回予告

13日はプラネットKでフロアライブ。日付感覚がなく、もはや8月なのかお盆休みなのかも分からなくなっていると思うが・・・

15日、よく分からないがあいちトリエンナーレからお誘いがかかり、しかも結構すごい感じのデイリーライブに出るとのこと。 なっちゃんと2人でやるセット、ガチガチにハード機材持ち込んでやれたらいいと思っている。 名古屋の方は是非。

5/17 - 19

俺は猫を堕ろすというバンドをやっているけれども、先日アルバムを出し、リリースライブ1日目を京都でやってきたのでツイートを添えて振り返る。

胸糞悪い話があるので、それを半分以上する。

出発前にairpodsなくしてて不穏

いきなりベースが免許証忘れてて不穏

ライブ前に配信版出せてよかった。3日前までマスタリングしてた。16曲マスタリングはかなりエグいなというのと、サブスクしてるiZotope Ozone 8(マスタリング用プラグイン)は最高だなと思った

それぞれの曲やリミックスについては、また書く

つらそう・・・

神様クラブと京都に着!!

夜22時に出て朝7時くらいに着き、四条大宮のガストで朝食を食べた。全員が怖いという感想を抱くトイレがあった

ひとまず解散し、あまりに眠すぎたので、ホテルに朝8時にチェックインし、3時間でチェックアウトするという愚行をおかしてしまう…… なくしたairpodsを買い直せるくらいの金を使ってしまったことをここに記しておこう

そこそこ体力は回復し、リハして、開場〜

ゆ〜すほすてるは、初見だったけれども、気持ちよく聴けた。 ドライブ感のあるコード進行、演奏でよかったな。egwさんの人柄が伝わってくる。

ライトフライト、後述するトラブルがあり、ほとんど観れていない(ほんとごめん)ちょっと観れたけど、リハでもやってた新曲不思議な感じだったな〜。 ほぼコード進行がない感じのカッティングのやつ、Bメロで進行入って来るところ視界が開ける感じあっていいな〜と思った。

これだ

SAPPYはいつも通り、楽しかった。 日本でナンバーワンのバンドってマジで思ってるから特に書くことはない!!って感じ

colormalは、ベースサポートが変わったけどまた違ったグルーヴ感になっていた。 俺がいつでもシンセ弾けるよ!って言いまくってる曲、さまようをやってくれて嬉しかった。 サポートメンバー全員なんか変

神様クラブ、よすぎて俺がぶち上がってる映像が残されているのでみてくれ

そんで俺たち猫を堕ろすだったんだけど、まあ正直俺はかなり酔ってて弾けてなかったと思う 不誠実でごめんなさい、メンバーにもごめんという感じだったけど、まあなんかやりきって、2階で軽く打ち上げして帰った

体力的に死にそうになって東京に帰ったら、ライブハウスnano店長mogura氏にこんなツイートをされていた。

f:id:ykpythemind:20190520225752p:plain

(該当ツイートが消されてしまい、前後関係がわからなくなり心配の連絡が結構来たのでスクショを載せておく)

まぁこういうことがあったよと。 2日経った今でも悲しさと怒りで涙が出てくるようになり、情緒が不安定になってしまった。

俺はセルフコントロールを非常に大事にしている。できないときの方が多いけども。 渡したリミックスCDを流してくれなかったところで本当は折れていた。悲しかったし、レンタル代を払ったイベントで音楽を選ばせてくれない意味がわからなかったし、俺は半泣きになりながらcolormalチームにわけわからないことを言っていたと思う。

落ち込んで最悪な気持ちになったとき、俺はずっと引きずってしまう。そうやって、むすーっとした気持ちでライブをやったことも何回もある。 具体的にいつだったかは書かないけど、俺はその不誠実なことを全て記憶しているし、楽しくねえなあって思いながらやる不誠実さは誰よりも感じてると思う。 だから、俺はすこしでも楽しい気分になろうと酒を飲んだ。飲みまくった。 本番は全然弾けねーし音きこえねーーって思ってちょっと焦ったけど、まだ気持ちを保ってやれたから、俺のベストを尽くしたつもりだった。

まあ、誠実ってなんだろうなとか思ったりする。 mogura氏の事実を捻じ曲げて「お客さん」というものを盾にする言説や名前を出さずにほのめかして書くやり方、汚いな〜と思ったし、 単純に氏は誰にもなびかない俺のことが嫌いだったようにも思えている。

ただただ品性と知性がなく残念、いくらでも呪詛が出て来るのだが、「僕らも政治的な付き合いで出てるけど、あの人は苦手だな」という連絡が本当にめっちゃきたのが意外だった。俺は、好きな人たちがあの場所でやってほしくもないし、正直出なくいいのにな〜って思う。

もうブロック済みだし、絶対に関わらないことにしたけど、 一生懸命ブッキングした1日目がこういう胸糞悪くおわって残念だ。

俺は心が弱い人間だから、思い出すたびに泣きそうになりながら、新しいアルバムを聴いている。

あなたにとって

あなたにとって

あなたにとって、もういいやって言えないことはなんでしょう?わたしにとって、そんなことはどうでもいいのかもね

という歌詞は、この時のために書いたのか?と思える内容だ。俺は歌詞で予知をしてしまう・・・。

普段連絡とらない人から連絡がきたり、「あのときのイベントもライブもよかったよ」という連絡ももらって、救われている。 俺は誠実にやっているんだな、と思った。

京都では結果を出せなくて不甲斐ないけど、またちゃんとやれるように努めようと思った。

あらためて、来てくださった方や、音源聞いてくれた方、リミックスしてくれた方、出てくれたバンドありがとう。 ねこおろチームもいつもありがとう。

近況

12/18

仕事関係の忘年会で、一度だけ会ったことのある人に再会した。 精神的なパーソナルスペースにズカズカ入り込んでくる、端的に言って苦手なタイプの女性で、以前気分が悪くなったが、今回も同じ結果になった。

俺の顔が引きつっているのにも関わらず「君大丈夫?」みたいなこと聞いてしまう感受性の乏しさは、もう変わらないんだろうななどと思う。 一方、相手にそれを察しろというのは身勝手な話で、簡単に気分を害す俺が悪いなと思ってしまう。

やはり自分は人と関わっていくことが苦手だと感じて後味の悪い日だった。

12/22

シェアハウスしている家の掃除をした。ほとんど自分の部屋の模様替えで終わった。 作業スペースとなる机の環境は大事だなと思う。元々宅録機材や楽器はそこまで多くなかったが、半年で倍くらい増えてしまい収拾がつかなくなっていた。

いつでもそれぞれの楽器に触れる環境にしておくってのは大切かもしれない。

12/23

ナツと神様クラブのワンマンを見に下北沢に。 神様クラブを実際見るのは初めてだったけれども、曲の完成度の高さ・ポップセンス・細部の音の配置、すべて感動した。

ユニットという構成は惹かれるけれど、活動をするのは大変そうだなと思う。ふと観客目線になると、バンドともDJとも違う電子音楽を聴きに行くのは精神的ハードルが結構高い。客としては、弾き語りを見るときの精神性に近いかもと思った。わからないが……

公演は1時間半くらいでサクッと終わり、疲れない程度に音楽に集中できたので良いライブだったと思った。

その後、ハイボールユースくんと合流して中野でビリヤードをした。 一見さんお断り感のあるビリヤード場にビクビクしながら素人3人で入ったけれど結果的に楽しめた。

愛をもった店員さん、良いなと思う。

12/24

蛇口家で適当に楽器を触りつつ遊ぶ。蛇口は本当にギターが上手い。 音のアイデアをすぐにableton liveに取り込んで、バシバシショートカットキー押しながらビート組んでいく様に感服した。

きっと彼の頭の中で鳴っているものを表現しているだけなのだが、彼と比べて凡庸な自分にはアイデアをキャプチャする環境が大事だなと思ったりする。

常に録音できる環境にしよう、キーボードスタンド買って2段置きしよう、見やすいPCモニターを使おうなど、蛇口はいつも俺に内省的な影響を与えてくれる…

1/2

横浜での新年会に18きっぷを使い参加。財布を新調していた為遅刻。 人数が多く、ほぼほぼ初対面の方々だったので辟易してしまった。最後の方に話してくださった方、話しやすくてありがたかった。

ふと思うが、初対面での会話は、単純に人の力量が測られてしまうので残酷だ。 話しやすさを作るのは年上の使命なのだと思い始めている故、26歳になる今年は社交性にも目を向けていかねばならない……

参加費が予想以上に高くつき、何のために来たのだ感に打ちのめされそうになりつつも、財布を新調したことに気付き持ち直すなどをした。頻繁に使うものに投資するのはコスパが良い。

1/3

横浜から名古屋に帰り、バンドで新年会。 毎年色んなことが変わっていくけれど、人間性は変わらないなと思う。

澤田から、何故みんなはバンドをやっているのかという問いをされたが、自分は今音楽をやっている理由は特にない。 なんとなくでしかない。崇高な理由もないので、それくらいが1番続けられるのかもしれないな。

ソロアルバムを2018年に出せなかったのはかなり後ろめたい気持ちで、環境を変える必要性を感じている。 自分で整えていくことが大事で、定期的なアウトプットを出せるかどうかは計画と日々のルーチンの積み重ねなのだ……。

1/5

名古屋で友人のヒロトに会って小一時間話していた。最近は大学時代の友人に会うと自分のやっていき方とは、みたいなのに着地する。 結局この歳で新しい交友関係が一気に広がることが無いしむしろ閉じていく一方なので、何かしら自分の追求をしたくなる。 「でもやっぱり仲間は欲しいよね」というところまで毎回ワンセットで話すが、この歳だと意外とみんなそう思っているのかもしれない。

客観ではなく、自分の主観を表現することが大切かもという話もして、最近のことを文章化しようと思った次第。

今年もなるべく元気にやっていきたい。